意外と知らない!蟹の栄養素や調理のポイント<カニの蒸し方>

蟹の栄養素について

管理人

贅沢な食べものとしてのイメージが強いカニですが、具体的にどんな栄養素が含まれているのか、考えたことはありますか?

 

そこで、ここではカニに含まれている栄養素についてご紹介していきます。

 

アスタキサンチン

カニは茹でると赤くなりますよね。これは、アスタキサンチンが豊富に含まれているためといわれています。

 

アスタキサンチンとは、抗酸化作用を持つ栄養素のひとつ。
抗酸化作用とは、体内の内蔵や肌細胞などが酸化してしまうのを防ぐ働きのことです。

 

そのため、美肌づくりなどアンチエイジングに効果を期待できたり、内蔵の働きを活発化させる効果を期待できます。

 

ビタミンB12

アミノ酸や脂質の代謝を助ける働きを持つといわれているビタミンB12。
これも、カニには豊富に含まれているといわれています。

 

ビタミンB12は、不足してしまうとアミノ酸や脂質の代謝が悪くなるだけでなく、貧血になりやすくなったり、神経症になりやすくなったりしてしまうのです。
貧血に困っている女性には、とっておきの食材と言えるでしょう。

 

亜鉛

男性機能を維持したり、味覚を維持する働きを持つといわれている亜鉛も、カニには豊富に含まれています。
そのため、男性は積極的に食べて行きたい食べものでもあるでしょう。

 

また、亜鉛はダイエット中の女性が不足しやすい栄養素でもあるため、ダイエット中の女性はできるだけ補うようにしていきたいところです。

 

意外かもしれませんが、銅は人間にとって必要不可欠な栄養素です。

 

体内で血液が作られる時、鉄を運ぶ役割を担っているのが銅といわれています。
そのため、銅が不足してしまうと血液を生成しにくくなり、貧血になりやすくなってしまいます。

 

この他にも、カニはタンパク質が多いことで有名です。
しかも、高タンパクな割にカロリーが低いため、ダイエットにはぴったりといわれているのです。

 

健康のためにも、ダイエットのためにも、冬場はカニを食べて元気をつけていきたいですね。

 

蟹を調理するときのポイント

カニを食べる場合、茹でて食べるというケースが多いでしょう。
しかし、実は食べ方によってカニが持つ栄養素が失われてしまうこともあるようです。

 

そこで、ここではカニの栄養素を失わない食べ方についてご紹介します。

 

茹でるよりも蒸した方がいい?

かに

カニといえば茹でガニを連想させる人が多いでしょう。
でも、実は茹でてしまうことで茹で汁の中にカニのエキスがどんどん流れでてしまうことになります。

 

そのため、カニの身が持つ甘みはもちろん、栄養素なども一緒に流れ出てしまう可能性が高いのです。
つまり、カニは茹でて食べるとせっかくの栄養素を台無しにしてしまいかねません。

 

そこでおすすめなのが、蒸して食べる方法です。
蒸した場合は、茹でた場合と違ってカニの甘みや栄養素が流れでてしまうことがありません。
茹でた時よりも栄養素と甘みがギュッとつまった状態で食べることができるのです。

 

カニの蒸し方

それでは、カニの蒸し方についてご紹介しましょう。

 

まず、カニ全体を流水で軽く洗い流します。

その後、カニの体を輪ゴムで固定しましょう。
この時、8の字にすると簡単に固定することができます。

カニ全体がすっぽり入るくらいの大きさの鍋を用意し、蒸し器にかぶってしまわない程度の水を入れ、沸騰させましょう。
お湯が沸騰したらカニのお腹を下にした状態で蒸し器に入れ、そのまま蒸し器を沸騰した鍋の中に入れます。

その状態でフタをしたら、20分程度蒸しましょう。
20分経ったら、あら熱を取って完成です。

 

ちなみに、蒸す時は時間に気を付けましょう。
あまり長く蒸しすぎてしまうと、カニの身が固くなりすぎてしまいます。
気を付けましょう。

 

このように、意外とカニは茹でるよりも蒸した方がしっかりと栄養素を補うことができるのです。
カニを食べる時つい茹でてしまっているという人は、次は蒸して食べてみてください。

 

栄養素を補うことができるのはもちろんのこと、茹でた時よりも甘い身を堪能することができるでしょう。

かに産地別の水揚げ量

日本では毎年冬になると、蟹が飛ぶように売れますが、主にどこで漁獲されているのでしょう。
2010年の農林水産省の調査によれば、カニ類の漁獲量全国TOP3は以下のようになっています。

 

順位

都道府県

漁獲量(100t)

全体に占める割合(%)

1位

北海道

64

20.1

2位

島根県

54

17.0

3位

兵庫県

44

13.8

 

さすが、北の国北海道は堂々の1位です!
三大蟹であるズワイガニ、タラバガニ、毛ガニは全て北海道周辺のオホーツク海やアラスカ海域で豊富に漁獲することができるんです。

 

しかし意外なことに、島根県でもカニ漁業が盛んだということが分かりました。
なるほどあの有名なブランド蟹、「松葉ガニ」は島根県の特産品でしたよね。

 

松葉ガニって?

山陰沖で獲れるオスのズワイガニの事を「松葉ガニ」と呼びます。
身がとても甘く、繊細で上品な味わいが特徴。一流料亭でも用いられる高級ブランド蟹です。
漁港から近海で獲れるので鮮度を保ったまま加工工程へと持ち込むことが可能。よって新鮮で美味しい蟹として大人気です。

 

また、ズワイガニだけに特化してみると
平成21年のデータでは以下の様な順位となっていました。

 

順位

都道府県

漁獲量(100t)

全体に占める割合(%)

1位

兵庫県

1418

30

2位

鳥取県

1119

24

3位

石川県

607

13

 

総合順位でも3位にランクインした兵庫県が一位に!
兵庫県でもズワイガニを松葉ガニと呼びブランド化して名産品としています。
また、県内の津居山港で水揚げされたズワイガニは津居山蟹と呼んでおり、
松葉ガニと同様兵庫のブランド蟹の代表格となっています。

 

日本全体で漁獲量は1968年に11万7千トンを記録、その後バブル期の1980年代に再度、年間漁獲量が10万トンを超えますが、それ以降は大幅に減少して今では4万トンにも達していません。
ピーク時と比べて3分の1以下に激減してしまっています。現在はタラバ蟹やずわい蟹は輸入物が多く流通していますが、世界的にも蟹が貴重なものになりつつあります。
ぜひ日本の美味しい蟹をいただきたいものですね!!


かにお取り寄せサイトはこちら!