知らないと損!かにの種類別味・特徴の違いを分かりやすく解説

3大がに
かに通販店などでよく見かけるカニといえば、ズワイガニとタラバガニ、毛ガニのですよね。
実際に自宅で蟹を食べるというと、ズワイガニ、タラバガニ・毛ガニがメインとなってきます。

 

カニ購入するのが初めてという人は、どのカニを購入すればいいのか悩んでしまうことでしょう。
そこで、ここではそれぞれの特徴や味の違いについてご紹介していきたいと思います。

ズワイガニの特徴

ズワイガニについてですが、地方によって少々呼び方に違いがあります。
具体的には、北陸地方で越前がに、山陰地方では松葉がにといった具合です。

 

オスの大きさは、メスの2倍とも言われ、脱皮後に共食いすることもあるといわれています。
ちなみに、様々な業界類などを食べる肉食系としても有名です。

 

そのためか、タラバガニよりも細身であるにもかかわらず、味は濃厚となっています。
しかし、食べ応えと言う意味では、やはりタラバガニに負けてしまうといえるでしょう。

 

基本的にどんな料理にも合いやすく、調理法も楽なカニです。
初心者向けのカニと言っても良いかもしれません。
茹でガニとして食べられるのはもちろんのこと、カニ鍋やカニしゃぶ、お刺身としても食べることができます。

 

特にズワイガニは煮込むことで出汁がよくでるため、カニ鍋にすると非常に美味しい出汁を楽しむことができます。
お鍋の場合、かに雑炊としても楽しめるのが嬉しい所ですね。

タラバガニの特徴

ここで紹介している3種類の中では、とにかく大きいのが特徴となるのが、タラバガニです。
北海道産のタラバガニが特に有名です。

 

タラバガニの仲間に、花咲ガニというのも存在します。
これはタラバガニよりも鮮やかな赤色をしており、希少価値の高いカニです。

 

反対に、タラバガニによく似ているカニでアブラガニというカニもいます。
アブラガニ区別が付きにくくなっていますが、甲羅にある窪みの下に6つの突起が付いているのがタラバガニ、4つの突起が付いているのがアブラガにというように見分けています。
アブラガニは味も美味しいカニですが、悪徳業者などはアブラガニをタラバガニと称して販売している場合もあるため、注意が必要です。

 

脚だけでも相当な大きさがあり、その大きな脚の中にぎっしりと身が詰まっているため、食べごたえは抜群です。
とにかくカニをたくさん食べたい、堪能したいという人にはおすすめのカニでしょう。

 

味は、ズワイガニや毛ガニと比較すると、非常にあっさりとしているため、蟹特有の深みがありません。
そのため、蟹の旨みを味わいたい人には、物足りないといえるでしょう。

 

タラバガニの場合、焼きガニとして食べるのが一番おすすめといわれています。

毛ガニの特徴

ズワイガニやタラバガニと比べると、小ぶりです。

 

また、他のカニと違って殻全体に毛が生えているのが特徴の面白いカニです。

 

大きさは小ぶりですが、その分身の甘みが濃厚であること、かにみそが美味しいことが有名ですね。
特に、北海道では、ズワイガニやタラバガニよりも、旨みが強い毛ガニを好んで食べる人が多いと言われています。
蟹ミソも非常に濃厚で、甲羅の隅まで含まれているのが特徴です。

 

毛ガニを食べる場合は、茹でガニにして食べるのが最もおすすめです。

 

茹でガニにすることで、甘い身と美味しいかにみそをじっくりと堪能することができるでしょう。
また、量もタラバガニのように多すぎないため、ちょっとカニを楽しみたいという人にはおすすめです。

 

毛ガニによく似たカニで、栗ガニという種類のカニもいます。
ただし、こちらは毛ガニに比べると価格が安い上に、味も価格に見合った味となっています。
見分けがつきにくいことはないので、初心者でもよく見ればわかりますが、購入するときは注意するようにしましょう。

 

以上、それぞれの蟹の特徴や味についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
最終的には、好みによって購入する蟹の種類が変わってくるといえますが、
食べ応えを求めるのであれば、タラバガニ、濃厚な蟹に風味を堪能したいのであれば、ズワイガニか毛ガニが良いといえそうです。

知っていましたか?珍しいカニもいるんです!

 

カニと言えばタラバガニ、ズワイガニ、毛ガニを連想させる人が多いでしょう。
しかし、その他にも様々な種類のカニがいます。
ここでは、食べられるカニの中でも珍しい種類のものを3つほどご紹介しましょう。

 

赤く鮮やかな色合いをしている花咲ガニ

タラバガニと良く似ているのですが、茹でた時の色がタラバガニよりも鮮やかな赤色になるため、このような名前が付けられています。

 

タラバガニの近縁種といわれていますが、食感はどちらかというとエビに近いようです。
プリプリしていて、コクがあり、カニらしくないところが特徴と言えるでしょう。

 

また、花咲ガニの主食は昆布であるため、花咲ガニで出汁をとると非常に良い出汁がとれるといわれています。

タラバガニそっくりさん!?なアブラガニ

花咲ガニと一緒で、アブラガニもタラバガニの近縁種といわれています。
そのため、一目見ただけではタラバガニと区別がつかないほど、タラバガニによく似た外見をしているようです。

 

アブラガニはその名の通り、アブラが乗っているものが最も美味しいといわれており、アブラが乗ったアブラガニはタラバガニ以上に美味しいといわれています。
ただし、鮮度が落ちやすく、早めに食べないと美味しさが損なわれてしまうため、注意が必要です。

希少なカニといわれているイバラガニ

イバラガニは、他のカニと違って海底の深いところに生息しています。
そのため、なかなか捕獲することができず、希少価値の高いカニといわれています。

 

こちらもタラバガニの近縁種ですが、脚の太さは本当にすごく、カニの中でもナンバーワンと言って良いでしょう。
極太の脚にプリプリの身がぎっしりつまっているため、食べごたえは抜群です。

 

殻には非常に長いトゲがあるため、食べる時には注意しましょう。

 

このように、カニには珍しいものもたくさんあります。
特に希少価値の高いイバラガニは人生で一度は食べておきたいもの。
チャンスがあれば、ぜひ食べてみることをおすすめします。

カニにもブランドがあるの?

かにの種類はいくつかありますが、和牛や米のようにかにの中にはブランドが付いているものがいくつか存在します。
ブランドが付いているだけのことはあり、商品の質には大きな差があるので、少しでも良いカニを購入したいときは、ブランド物が手に入る時期を狙うのが一番です。

 

ただしブランドが付いているかににはある特徴があり、場合によっては欲しいブランドかにを手に入れることが出来ないことがあるので、購入する際はご注意ください。

 

ブランドかに=ズワイガニ?

ブランドかにとして取り扱われるかには、基本的に国内の特定の場所で水揚げされたものとされています。
ここで大事なポイントが、ブランドかにに指定されているかにはすべてズワイガニという点で、ズワイガニが水揚げされる本州の地域ごとに、様々なブランドが指定されています。

 

例えば山形県の庄内浜で水揚げされたズワイガニのオスはヨシガニ、メスならクボガニやメガニと、性別によっても名前が変わります。
他にも京都府の間人漁港なら間人ガニ、鳥取県なら松葉ガニなど、他にもたくさんのブランドかにがありますが、いずれも国内のズワイガニであるという点は変わりがありません。

 

そのためズワイガニ以外のブランドかにを食べたくても、どこを見てもズワイガニのブランドかにしかないので、どうやっても他のブランドかにを食べることは出来ません。

 

北海道にはブランドかにが無い?

カニを販売している都道府県の中でも、特に多くのカニが水揚げされているのが、北海道周辺の海です。
場合によってはロシア近海の海でも水揚げされるので、漁協などにカニが送られるころには様々な地域で取れたかにが集まってくるといいます。

 

これだけ多くのカニが水揚げされる北海道なら、ブランドかにもたくさんありそうなものですが、北海道では独自のブランドが付いたかにが特に指定されていません。

 

むしろ北海道という名前そのものがカニの一ブランドのような扱いを受けていますし、他の地域ではほとんど取れない毛ガニが一年中水揚げされるというほかの地域には無い特徴があることも、ブランドかにをいちいち作らない理由になっているのではないでしょうか。

海外産と国内産ではなにか違うの?どちらを選ぶべき?!

海外さんと国内産のかにの違いとは

かにの通販サイトをチェックしてみると、店舗ごとに様々な地域からかにを仕入れていることがわかりますが、仕入先には商品ごとに様々な違いがあります。
特に明確なのが国産と海外さんの違いで、それぞれどのあたりで水揚げされたかで産地が変わってきます。

 

国産か外国産かの違いは、それぞれどのかにかどうかで大きく変わり、例えばタラバガニの場合は、あまり国産か海外産かの違いは重要視されず、それほど価格に違いもあらわれませんが、ズワイガニの場合は、相当な価格差が表れるそうで、国産のズワイガニは海外産の何倍もの価値になるといいます。

 

その理由はズワイガニのブランドにあり、国産のズワイガニには松葉ガニなどの国内ブランドとして販売されているので、自然と販売価格が高くなり、市場価値も上がってきます。
そのためカニをなるべく安く手に入れたいときは、産地による価格変動が少ない商品を選ぶようにしたり、多くの商品が出回るようになる旬の時期を狙うようにすると、比較的安くカニを手に入れることが出来るようになるはずです。

 

国産と海外産はどちらが良いか

かにの販売を行っている業者によっては、国産の商品にこだわるところもあれば、海外産のかにを仕入れているところも珍しくありません。
かにの種類によっては特に販売価格に違いが無いことも珍しくありませんし、味に大きな違いも出にくいのですが、加工されている場所については、国内と海外とでは違いが出やすいといわれています。

 

海外に設置された加工場では、ボイルや冷凍を行った後日本に運び入れる必要があるため、どうしても輸送に時間がかかるのに対し、日本にある加工場を使った場合、加工してから商品が届けられるまでの期間が短くなるので、その分かにの品質がよくなります。
さらに日本の加工場のほうが清潔で仕事が丁寧なところが多いので、少しでも良いカニを購入したいときは、産地よりも加工した場所のほうを注目したほうが良いでしょう。


かにお取り寄せサイトはこちら!