美味しさが変わります!正しい蟹のゆで方〜ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニ〜

カニ茹でる

活蟹を購入した場合、自宅で茹でることがあります。
カニを買ったのが初めてという人は、茹で方に悩むのではないでしょうか。
そこで、ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニの茹で方について、それぞれご紹介していくことにしましょう。

 

まず、全ての蟹に言えることなのですが、
沸騰したお湯に蟹を入れてから茹で時間を計るのではなくて、再沸騰してからの時間を計るようにしてください。
また、甲羅を下にして茹でるのが基本です。

 

ズワイガニの茹で方について

まず、カニ全体を水洗いしておきましょう。
それから大きめの鍋を用意します。

 

鍋の中に水と塩を入れるのですが、割合は水1リットルに対して塩15グラムほどでOKです。
水はカニ全体が完全に浸かるまで入れましょう。

 

そのまま火をつけてお湯を沸騰させます。
沸騰したら、ズワイガニの甲羅を下にした状態でお湯の中に入れましょう。

 

この時、甲羅を上にした状態で入れてしまうと、かにみそが全部流れ出てしまうので注意が必要です。
必ず甲羅は下にしてください。

 

カニを入れた後、お湯が再度沸騰したらそこから15分〜20分程茹でましょう。
茹で上がったら水で軽く洗って完成です。

 

手軽にズワイガニを食べるなら『かに本舗』がおすすめ

大きな蟹を丸ごと茹でるのは面倒!という方には、むき蟹がおすすめです。

 

他にはなかなかない、超特大9Lサイズの生本ずわい!!
『かにしゃぶ」むき身満足セット 1.3kg超』が人気No.1です★

 

かに本舗

 

「かに本舗」の公式サイトはこちら↓

 

お取り寄せかに,かに値段,かに高級,蟹販売

タラバガニの茹で方について

タラバガニを茹でるときに必ず行って欲しいのが、最初に中からかにみそを取り出しておくことです。
タラバガニのミソは茹でても固まらない性質なので、これを怠ると、茹でたときにみそがすべて脚の身の部分に流れてしまいます。
そのため、味が悪くなりますので十分気を付けましょう。

 

みそを取り出したタラバガニを水洗いし、大きい鍋にタラバガニが完全に浸かるくらいの水と水1リットルに対して15グラムほどの塩を入れます。

 

そのまま水を沸騰させ、沸騰したらタラバガニの甲羅が下になるようにお湯の中に入れましょう。

 

タラバガニが入ってから再度沸騰した後、20分ほど茹でれば完成です。
茹で上がったタラバガニは氷水に数分入れて軽く水洗いしておきましょう。

 

手軽にタラバガニを食べるなら『らっしゃい!かに市場』がおすすめ

ポーションだからこそ、食べやすい&片付けも便利!
蟹を茹でるのが億劫な方にはこの生タラバガニがおすすめです。

 

らっしゃい!かに市場

 

「らっしゃい!かに市場」の公式サイトはこちら↓

 

お取り寄せかに,かに値段,かに高級,蟹販売

毛ガニの茹で方について

毛ガニは他のカニに比べて小ぶりなので、比較的茹でやすいといえます。
まず、毛ガニを軽く水洗いしましょう。

 

毛ガニの場合、茹でるときに使う塩が他のカニよりも多くなります。
水1リットルに対して35グラム〜40グラムの塩が必要になるので、注意しましょう。

 

また、毛ガニのかにみそは美味しいことで有名です。
沸騰したお湯に入れるとき、甲羅を上にして入れてしまうとかにみそがすべて流れでてしまいます。
必ず甲羅は下になるように入れてください。

 

毛ガニをお湯に入れてから再度沸騰したら、そこから15分〜20分程度茹でて完成です。
茹で上がった毛ガニは、氷水に数分入れ再度水洗いして出来上がりです。

 

手軽に毛ガニを食べるなら『かにまみれ』がおすすめ

既にゆでてあるので、あとは食べるだけ!
茹でる時間を家族との団欒時間へ。

 

かにまみれ

 

「かにまみれ」の公式サイトはこちら↓

 

お取り寄せかに,かに値段,かに高級,蟹販売

 

以上が蟹の茹で方となりますが、茹で時間はカニの大きさによっても違ってきます。
蟹のサイズが小さくなればなるほど、茹で時間は短くなりますので、
その都度調整しながら茹でる必要があるでしょう。

 

また、蟹の身は茹で過ぎてしまうと硬くなるため、
茹で過ぎないようにすることがポイントとなります。
この辺りの加減が分からない場合は、購入先の店舗に確認しておくと失敗を防ぐことができるでしょう。

冷凍カニを茹でる時は?冷凍蟹を美味しいまま保存する方法と解凍する際のポイント

カニが冷凍されて配達された!という事はありますよね。
特に、通販ショップでは新鮮度を保つために、冷凍して配達する所もあります。

 

本来であれば、すぐに食べてしまった方が良いのですが、量が多ければ食べきれずに保存したいこともあるでしょう。
できるだけ鮮度を落とさずに保存するためには、どうしたら良いのでしょうか。
詳しくみていくことにします。

 

基本的に、冷凍蟹というと、2パターンに分けることができます。
水揚げしてからすぐに急速冷凍された蟹と、ボイルされてから冷凍された蟹です。

水揚げしてからすぐに急速冷凍された蟹

まず、水揚げしてからすぐに急速冷凍された蟹についてですが、大体1ヶ月程度冷凍保存できるようになっていることがほとんどだといえます。

 

ただし、これは業務用の冷凍庫で保存した場合の期間ですので、実際には1ヶ月も保存はできません。
自宅に、業務用の冷凍庫があるなら話は別ですが、
家庭用の冷凍庫で保存するのであれば、3週間程度と考えておいた方が良さそうです。

すでにボイルされた状態で冷凍してある蟹

それから、すでにボイルされた状態で冷凍してある、ボイル冷凍蟹の場合の保存方法ですが、こちらは冷凍蟹と違ってもう少々長持ちすると考えていて良いでしょう。

 

必ず購入時に保存期間が記載されていますので、その期間内であれば問題なく食べることが可能です。

 

とはいえ、冷凍している間も鮮度は落ちていきますので、早めに食べた方が良いに越したことはありません。
尚、手元に届いてから一部分だけを保存したい場合は、サランラップで密閉して冷凍保存しておきましょう。

 

また、場合によっては、一度解凍してしまった蟹を再冷凍したいということもあるでしょう。

 

かなり鮮度は落ちてしまいますが、どうしても食べきれずに保存したいのであれば、余分な水分を拭き取った上でラップで密閉して冷凍保存します。

 

かに

 

以上、蟹の保存方法についてご紹介しましたが、
ほとんどの場合購入した際に保存方法について案内文が同封されてきますので、それを参考すると良いでしょう。

 

冷凍カニの解凍方法と3つのポイント

冷凍かにを美味しく食べるには、解凍方法がとても重要となってきます!!
冷凍したまま、蟹を茹でる事はしないようにしてください。

 

生の場合は流水で解答するのがおすすめ

冷凍カニでもボイルされているものではなく、生のものは流水解凍するのがおすすめです。
といっても、カニをむき出しの状態のまま流水に晒すのはおすすめできません。
食品保存用のパックの中にカニを入れた状態で、ボウルや鍋などに水を張り、そこにつけておくようにしましょう。

 

ただし、カニは殻にトゲがあるものが多いので、パックに穴があかないように注意してください。
解凍は10分ほどで十分ですが、その間水がぬるくなってしまわないようにするため、流しっぱなしにしておくと良いでしょう。
10分経って半解凍状態になったら好きな方法で調理して食べてください。

 

ボイルされた冷凍カニは自然解凍か冷蔵庫解凍

既に茹でられた状態で冷凍されているカニの場合、自然解凍か冷蔵庫解凍をする必要があります。
ただし、むき出しの状態で解凍すると旨味が逃げてしまうため、食べるときに身がボロボロになってしまったり、パサパサになってしまったりします。
必ずカニ全体をラップで包んだ状態で解凍しましょう。

 

また、カニは解凍したときに水分がたくさん出ます。
深い皿にキッチンペーパーを置いておくなどして、水分対策を忘れないようにしましょう。

 

ちなみに、頭がついた状態のボイルカニを解凍する場合は、甲羅の部分を下にした状態で解凍するのがおすすめです。
こうすれば、溶けたかにみそが外に流れ出てしまうことがないため、かにみそを堪能することができます。

 

また、カニ足を解凍する場合は、食べる分の量のみ解凍して下さい。
1度解凍して、再度冷凍するとかにの質・旨味が低下しますので要注意!

 

解凍の時間についてですが、冷蔵庫解凍の場合は8時間から12時間程度、自然解凍の場合は3時間から4時間を目安にしておくと良いでしょう。

 

解凍時間の目安

まずは、冷蔵庫で蟹をゆっくりと解凍させましょう。
かに鍋・茹でる場合には、カニの種類・大きさによって異なりますが、目安としては6〜12時間程度の半解凍してから調理しましょう。
焼きカニの場合には、完全に解凍する必要がありますので、目安としては12〜24時間程度です。

 

蟹の種別全解凍時間参考表

タラバガニ(姿):24時間
タラバガニ(カットしていない足):24時間
毛ガニ:24時間
タラバガニ(カット済みの足)タラバガニ(カットしていない足):18時間
ズワイガニ(姿):18時間
ズワイガニ(足):12時間

 

冷蔵庫で解凍する際は、蟹を新聞紙やキッチンペーパーで包んで下さい。
そして水切りパットに入れ、その上からビニール袋をかけます。

 

この作業を行う事で、乾燥を防ぐことができます!
そのままカニを冷蔵庫へ入れないよう注意してください。

 

また、包んだ新聞紙orキッチンペーパーが濡れてきますが、かにの旨味エキスが出てきてしまっているわけではありません!
出荷前に、グレースという乾燥を防ぐために処理をしています。
それば溶けただけですので、かにの鮮度・味には全く影響ありませんので、ご安心を。

どうしても今すぐ食べたい!急いで冷凍かにを解凍するコツ

時間をかけて、ゆっくり冷凍かにを回答する事が大切です。
しかし、急いで解凍したい!という場合もあるかと思います。

 

そこで、急いで解凍する場合の解凍方法のコツをご紹介します!

急いで冷凍かにを解凍するコツ

急いで冷凍かにを解凍する場合には、流水解凍をしましょう!

 

まずは、冷凍カニをビニール袋に入れて、水が直接当たらないようにします。
そしてボウルにいれ、30分程度流水にひたしておきます。

 

70%程度解凍されたら、あとは自然解凍にしましょう!
完全に流水で解凍してしまうと、かにの旨味が薄まってしまいますので、要注意です。

 

やっていまいがちなNG解凍方法

電子レンジは凍ったものを解凍するのに非常に便利ですが、カニを解凍するときに使うのはオススメできません。
電子レンジを使ってしまうと、カニの水分が一気に失われてしまうため、旨味がなくなってしまう可能性が高くなるのです。

 

急いでいるからといって、電子レンジで解凍するのは止めましょう!

 

急激な温度変化により、かにの旨味が流れでてしまいます。
そのため、カニを解凍するときは電子レンジではなく、自然解凍や冷蔵庫解凍をするようにしましょう。

 

せっかくの美味しいカニの素材が楽しめなくなりますので、電子レンジは使わないようにしてください!

かに急速冷凍のメリット〜美味しさが格段に違います!〜

管理人

スーパーで買ったカニが美味しくない…。そんな経験をしたことはありませんか?
基本的にスーパーやお取り寄せ通販で販売されているカニは冷凍保存されているものが多いため、冷凍されたカニ=美味しくないというイメージがつきやすいです。

 

でも、必ずしも冷凍されたカニすべてが美味しくないということはありません。
たとえ冷凍されていたとしても、冷凍方法がきちんとしていれば、美味しいカニを食べることができるのです。
同じ産地でカニを獲っても、冷凍方法によってカニの鮮度は大きく変わってくるのです。

スーパーされているカニは普通の冷凍がされている

スーパーで購入できる冷凍のカニは、基本的に普通に冷凍されたものが多いです。
普通に冷凍されているため、冷凍庫に入れられてから時間をかけて少しずつ冷凍されていきます。

 

しかし、このような形で冷凍されると、冷凍までの間にカニの鮮度や味がどんどん落ちてしまうのです。
そのため、解凍した時にパサパサしていたり、身がスカスカになってしまうことが少なくありません。

急速冷凍されたカニは美味しい?

最近、急速冷凍という技術が発展してきています。
急速冷凍とは、その名の通り瞬間的に物を冷凍させるという技術のことです。
これによって、カニの鮮度と旨味を失ってしまうことなく、そのまま閉じ込めた状態で冷凍することができます。

 

また、急速冷凍されたカニは低すぎない温度の冷凍室で保管されるため、鮮度を保ちやすいといわれています。
このため、普通に冷凍されたカニに比べて、急速冷凍されたカニは鮮度が保たれて美味しいケースが多いのです。

味や保存期間にも違いがある?

スーパーで販売されているような、普通の冷凍が行われたカニは基本的に冷凍しておけば長期間保存しておくこともできます。
しかし、普通の冷凍が行われたカニは身がボロボロになったり、スカスカになりやすく、保存期間が長くなるほど味も落ちやすいのです。

 

一方、急速冷凍されたカニは瞬間的に鮮度と味を閉じ込められるため、解凍してからも美味しいカニを食べることができます。
ただし、一般家庭の冷凍庫で保管するとなると、保管期間が長くなるほど味が落ちやすくなるため、長期保存には向いていません。

普通の冷凍と急速冷凍、それぞれのメリット・デメリット

普通の冷凍カニのメリット・デメリット

メリット…スーパーなどで手軽に購入可能・長期保存しやすい
デメリット…味が落ちているものが多い・鮮度が低い

 

急速冷凍カニのメリット・デメリット

メリット…鮮度・味共に良い・いつでも美味しいカニを食べることができる
デメリット…長期保存しにくい・解答方法を間違えると味が損なわれてしまう

 

このように、カニは普通に冷凍されたものよりも急速冷凍されたもののほうが美味しいことが分かります。
通販でカニを購入する場合は、できるだけ急速冷凍されたものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

カニの美味しさを保つために必要なことは冷凍保存です。

 

保存が上手くいかなければ配送で時間を費やしたとき鮮度が落ちるので味、香りの良さは失ってしまいます。
そのため同じ産地でカニを獲っても冷凍方法によってカニの鮮度は大きく変わってくるのです。

 

カニは鮮度が命です!
購入する際は急速冷凍してあるサイトを選ぶのが良いでしょう。

 


かにお取り寄せサイトはこちら!